居抜き店舗とはどのような店舗かわかりやすく説明

お店をこれからやろうとした場合、お店を借りる、業種に応じた設備をお店に導入する事が必要になります。飲食店と言う業種の場合には、厨房設備や客席などのレイアウトが必要になるわけですが、お店を借りてからの工事になるため、工事期間が長くなることでお店のオープンまでの期間が長くなります。工事期間中はお店を営業することが出来ないため、収入についてもゼロになり、その間の家賃は支払いが必要になるため、予め初期費用と言う形で用意しておく必要が在ります。しかし、居抜き店舗の場合は必要設備が在る程度整っているため、初期費用の節約が出来る事、設備が在るため工事期間が短くて済むため、お店を借りてからオープンするまでの期間を短縮する事が出来るなどのメリットを持つ物件です。

かつて利用していた設備をそのままの状態にしている

お店を開くときの初期費用には、敷金や礼金、保証金、仲介手数料などの費用の他に、飲食店などの場合には厨房設備が必要になりますし、他の業種の場合でも何らかの設備を導入する工事が必要になります。お店を借りる必要、設備を購入する費用、工事費用と言うのがお店をオープンする時の初期費用になるわけですが、居抜き店舗は原状回復をせずに、前に利用していた時と同じ状態になっているため、整備をそのまま利用することが出来るため、設備の導入コストがかからない、もしくは節約することが出来るメリット、特別な工事をしなくてもそのまま使う事が出来るため、お店を借りてからオープンするまでの期間が短くて済むというメリットが在るなど、かつて利用していた時と同じ設備を使う事が出来るのが居抜き店舗の特徴です。

居抜き店舗のメリットは閉店する時にもメリットが在ります

居抜き物件を借りてお店を開く場合、お店を借りてからオープンするまでの期間を短縮することが出来ると言うメリットが在ります。これは居抜き物件には設備が整っているためであり、内装などの工事は必要になったとしても、厨房設備を導入するための大掛かりな工事が要らないからです。尚、居抜き店舗は原状回復が行われていないため、厨房設備と言った業種毎に必要となる設備がそのままになっているわけですが、お店を閉める、他の場所に移転すると言った場合にも魅力的な事であり、通常店舗を借りた後に導入した設備と言うのは、退去時には原状回復工事を行う必要が在り、閉店時にかかるコストも大きなものとなります。その点、居抜き店舗はそのままの状態で退去することが出来るなど、借りた時と退去する時にそれぞれのメリットが在ります。

居抜き店舗を多数ご紹介!居抜きCaf?で見つけよう居抜きの買い取りや売却は当社へお任せください。 幅広いネットワークで最新の居抜き物件情報をお届け致します! 当サイトのアプリには割引チケットをゲリラ配信いたします。 松陰神社前駅より徒歩3分に相談窓口があります。 手数料は業法上の手数料、賃料の1ヶ月分、それ以上かかることはありません。 毎日メールで新着優良物件情報を配信しております。 居抜き店舗を多数ご紹介!居抜きCaf?で見つけよう