居抜き店舗のメリットとデメリット

居抜き店舗はメリットもデメリットもあるので検討をしている場合、そのふたつを勘案した上で居抜き店舗を選ぶかどうかを決めることが大切です。居抜き店舗の主なメリットとしては、開業するまでの時間の短縮やコストを安く抑えることができるというものがあります。一方のデメリットとしては必ずしも次に開業する店にあったレイアウトとは限らないので、不便を感じながらそのまま使うかお金をかけて改装をするかのどちらかを選ぶことになり、改装をする場合結果的に普通の店舗を選んだ場合とあまり変わらなかったというケースも有ります。更に居抜き店舗というのは、同行の場合以前営業していた店は理由があって閉店をしたわけですから同じような理由で売上が伸びない可能性が出てきてしまいます。

コストが抑えられるのが大きなメリット

居抜き店舗の大きなメリットとしては、設備をそのまま流用することができるのでコストを大幅に削減することができます。全く設備などがない場合には、設備を購入する費用も必要ですし設置をする費用もかかるので何かとお金がかかってしまいます。しかし、居抜き店舗の場合にはすでに設備が残っていることになるので、そのまま流用すれば余計なコストをかけずに済むことになります。更にすでに設備が揃っているということは、新たに用意をする時間も不要となりますからその分だけ早く開業をすることができるというのもメリットとなります。そのため、ライバル店に先んじてできるだけ早く狙いをつけた場所に開業をしたいとなった時には、居抜き店舗を利用することによってスピーディーに展開をしていくことができます。

レイアウトが自由にできない欠点が

居抜き店舗の大きな欠点のひとつとしては、レイアウトの自由がきかないという点にあります。設備が整っているのは良いのですが、それが必ずしもイメージしたとおりに配置されているとは限らず現実的には、理想とは違う配置になっていることが大半です。どうしてもこだわりを持って改装をすることになれば、その分費用もお金もかかってしまうのでこだわりすぎると居抜き店舗を選ぶメリットが失われてしまうことがあります。もうひとつの欠点としては、多くの場合には前に入っていた店が何らかの事情によって潰れているわけですからその原因をどうにかしないと結局前の店と同じ轍を踏んでしまうことになるので、特に同じような業種で事業を起こす場合には、そのままでは失敗する可能性が高いという欠点があります。