居抜き店舗をうまく使って開業する方法

居抜き店舗とは、前の借主が設置した設備などの譲渡を受けることができる物件のことです。設備の譲渡は、造作譲渡ともよばれ形式としては新しい借主が買い取るというものになります。このため店舗の賃貸契約のほかに造作買取の契約を、前の借り主と結ぶ必要があります買い取りの価格は、その設備の年数などによって決められますが、実際のところは直接交渉といったケースが多く価値に見合わない不当な金額を要求されるケースもありますし、反対に無料に近い価格で譲渡してくれるケースもあります。また譲渡ではなくリースとして貸し付けるといったケースもあるなど、やや複雑です。いずれにしても居抜き店舗をうまく使って開業するためには、その設備が新しい借り主にとって有益なものであるかどうかを十分に判断しなければなりません。

居抜き店舗のメリットとデメリットは

居抜き店舗は、新しい借り主よりも前の借り主の方がメリットが高いとされます。これは店舗を退去するさいには借り主の責任として原状回復工事を行わなければいけませんが、居抜き店舗であればこの費用が不要です。このため、原状回復工事を避けるために居抜き店舗としているところもあります。一方で新しい借り主のメリットとしては、初期費用が抑えられる、開業までの時間がかからないの2点です。実際に原状回復工事がされた物件の場合には設備を一から作る必要があるためコストが大きくなりますし時間もかかります。このため居抜き店舗では営業開始までの時間を最小限にすることができます。しかし、デメリットとしては古い設備を使うことになるためレイアウトが制限されますし、また機械類の故障のリスクが高いといえます。

上手に開業につなげるためのポイント

居抜き店舗は新しい借り主にとっては営業開始までの時間や設備を作るためのコストをカットできるのが魅力ですが、一方で将来のトラブルやレイアウトの制限などがあり自分なりのお店を持ちたいというにはやや足かせになります。また前の借り主の影響も引きずるリスクがあります。このため契約前には撤退した理由や近所の評判などを確かめることが必要です。また目に見える場所から目に見えない場所まで設備の状態を入念にチェックする必要があります。特にインフラ関係のトラブルが発生すると修理するさいには数百万円の費用が必要になります。また間取りなどポイントで、特に不自然な間取りとなっている場合には営業を開始したさいの足かせになります。いずれにしても費用が抑えられるからといって、すぐに契約するのではなく十分に事業が成功するかどうか確認してから契約することが居抜き店舗で成功するためには重要なポイントといえます。