居抜き店舗を探す時に気をつける事

居抜き店舗は上手に活用をすればコストと時間の削減につながりますが、逆に選び方を間違ってしまうと余計に高くついたり時間がかかってしまうことがあるので気を付ける必要があります。既存の設備や造作をそのまま使用する場合には大きなコストと時間の削減に繋がりますが、大きく手直しをする場合にはどのぐらいの費用がかかってくるのか確認をしなければ、一から店舗を作り上げていくよりもお金がかかってしまう可能性があります。また、居抜き店舗というのは以前の店が撤退をした理由というのがあるわけですから、人が入りにくい場所だったといった理由などがある場合、同じ場所で同じような店を出しても上手く行かない可能性があるので、事前に前の店舗がなぜ撤退したのか理由の確認が必要です。

居抜き店舗はそのまま使えれば大幅なコストと時間の削減に

居抜き店舗は以前の店の設備や造作をそのまま使うことができれば、コストと時間を大幅に削減することができます。譲り受ける際に造作譲渡料がかかるケースが多いので、どの程度安くなるかは内容次第ですが前のオーナーが処分をする費用を払うぐらいならただで引き取ってくれるだけでも助かるというのであれば費用は発生しません。そのような場合、かなりの低コストで開業をすることができるのですが、居抜き店舗は元々あった設備や造作を使うことになりますからイメージに合わなかったり使いづらい部分があったりすることもあります。その場合、お金をかけて手直しすることもありますが工事の内容によっては一から作り上げていくよりもお金がかかってしまうという可能性もあり、事前にかかる費用を確認しておかなければ逆に高くついてしまう虞があるので注意が必要です。

前の店の撤退理由をよく確認すること

居抜き店舗を利用する上で気をつけたいのは、前の店がなぜ撤退したのかということです。繁盛をしていたのに病気やより良い立地の場所を見つけたので、移転をするために出て行くというのであればこれは目玉物件ということになりますが、人の入りが悪かったといった場合注意が必要です。店のサービスに問題がなく立地も悪くないのに、なんとなく入りづらい場所というのがありますからそのような場所を選んで、そのまま新しい店をオープンしても客が集まらずに失敗してしまう可能性は高いといえます。そのため、居抜き店舗を考えているのであれば前の店がなぜ撤退をすることになったのか原因をはっきりさせ、問題を解決することができるかを考えなければなりません。対処法もなしにオープンしても前の店と同じような理由で、閉店することになってしまうというのは珍しくないので気をつけておきましょう。